サイトメニュー

知っておきたいこと

ハートと聴診器

メリットや自給できる期間

現代の社会は、非常にギスギスしていると感じる人もおり、人間関係だけでもかなり精神的にすり減らしてしまうことが多いです。そうすると、まじめな人ほどうつ病などになってしまう可能性が高くなります。うつ病になってしまった場合、仕事に行けなくなることがありますのでこの場合には生活に困ることも少なくありません。そこで、傷病手当をもらう方法が考えられます。もともと傷病手当とは、仕事ができない人に対して支給されるお金です。たとえば仕事でけがをしてしまった場合、仕事に復帰することができないとしたら生活ができなくなってしまいます。また、肺炎などで入院したりすることもあるでしょう。このような時、傷病手当をもらうことができれば少なくとも生活を維持することが可能になります。うつ病に適用されるかが問題になりますが、いくら精神的な病でも立派な病気になりますのでこの場合にも傷病手当がもらえるのは間違いありません。ちなみに、どれぐらいのお金が出るかといえば、もらっている給料の2/3になります。そのため、一律にいくらもらえるというわけではありませんのでその点は知っておいた方がよいでしょう。申請した時から、1か月程度で支給されることがほとんどです。そのため、早めに申請をしておくべきです。
傷病手当といっても条件がないわけではありませんので、その条件をよく理解しておくことが重要になります。そのうちの一つは、うつ病になってしまった場合傷病手当がもらえる期間はいったいどれぐらいなのかが問題になります。もし、この期間が短ければ早い段階で次の計画を立てておかなければなりません。結論から言えば、1年半は貰い続けることができます。つまり、そのあいだはしばらく会社に行かなくても問題ないことを意味しているでしょう。ただ、金額は毎月もらっている給料も2/3になりますので、なんとか生活費だけは維持できるような形です。1年半ということがわかっていれば、様々な計画を立てることが可能になるでしょう。ただ、うつ病の治療をするとしても1年半で確実に治るとは限りません。そうだとすれば、傷病手当をもらった段階で安心するのではなく、1年半のうちに治す方法を考えておきましょう。この場合病院に相談をすれば、対応してくれることがほとんどです。病院の先生も、傷病手当をもらう場合その期間をよく理解していますので何とか患者さんの力になってくれることが多いです。期間で言えば、退職してしまった場合完全にもらうことができないかが問題ですが、実は退職してから2年間のうちに申請すればもらうことが可能になります。この点を覚えておくと、非常に便利です。