サイトメニュー

知っておきたいこと

ハートと聴診器 会社員でうつ病になってしまう人がいますが、傷病手当をもらうことは可能です。給料の2/3程度のお金を1年半は貰い続けることが可能な点に大きな特徴があります。退職してしまった場合でも、退職した日から2年以内ならば申請可能です。

詳しく見る

治療に専念できる制度

医者 傷病手当はうつ病で休職する時に生活や医療費が支払えるようお金が支給される制度です。うつ病は放置していると悪化してしまうため、治療に専念できる制度として注目されています。もらえる金額は、給料や病気の度合い、都道府県により異なります。

詳しく見る

支給はどんな人が対象か

カウンセリング うつ病の罹患者の場合、休職期間が4日以上になることで、職場側が傷病手当の手続きをしてくれます。また、退職後も請求は可能です。ただし、障害年金を請求する場合には、傷病手当の返還が発生することもあるので注意が必要です。

詳しく見る

副業内容と受給の問題点

病院外観 会社勤めをしている時にうつ病になった場合には、傷病手当をもらうことができます。この時、ほんのわずかな金額を稼ぐ程度の副業ならば減額されることはありません。これを受給するデメリットは、もう一度働こうと決心することが難しい点でしょう。

詳しく見る

心を回復させよう

うつ

心の病気で休む時の手当のことを知ろう

ストレスは会社で働いていると知らず知らずのうちに影響を受けているという事も多いです。そして、ストレスからうつ病を患ってしまい、仕事を休まざるを得ない人もいます。この病気はだれでも発症しうると言われ、社会に出て重い責任のある仕事に就いたり、対人関係で悩んだりしたことから必要以上に自己肯定感が低下してしまいます。この病気で会社を求職するという事になった時に一番不安なのが経済的な問題ではないでしょうか。働けなくなるから休職はできないと我慢する人も居るかもしれませんが、そのままの状態だと状況は良くならないかもしれません。そんな時は休職中にもらえる傷病手当金がありますので、まずは申請して安心して治療に専念したほうがいいのではないでしょうか。この手当金は病気で休業する人などが療養をきちんと出来る様に経済的な点をサポートするための手当です。手当金の額は就労できない日1日につき、標準報酬日額の3分の2が支給されるようになります。ただ、満額で受け取れることはないのが一般的ですが、健康保険組合によっては上乗せで給付される場合もあります。傷病手当金支給にはあらかじめ決められた条件を満たしていることが必要ですが、うつ病で困った時に申請してみましょう。
傷病手当は企業に勤めており病気で休職するに当たり、健康保険に加入している人なら申請できる手当金です。うつ病は、そのままにしておけばよくなると言う病気ではなく、治療をしなければ症状がもっと悪化してしまいます。その前に医療機関に相談して休職を考えてみるのは大事なことだといえます。傷病手当金は申請から1ヶ月くらいで支給が開始されるため、直近の生活費が心配という場合に短期間で支給されるのはメリットがあります。そして、標準報酬月額の3分の2の金額が支給されるため、標準月額報酬30万円なら日額約6670円が支給され、最大1年6ヶ月間の給付期間があるため、ある程度まとまった期間を取って療養することができます。うつ病で傷病手当金を申請する場合、できるだけ早く申請することが大切ですが、2年間の時効以内なら請求することができるようになっていますので、その期間中に申請することが可能です。また、出産手当金と併用することができるという点も特徴です。しかし、うつ病で休職をするのはそれほど簡単なことではありません。例えば、職場の人間関係が原因で求職する場合には、書類をやり取りする必要もあります。けれども、この手当を受けることで治療に専念することができます。